FC2ブログ
2019.06.06 白い猫
cat-scratch-3860895_960_720_convert_20190606195748.jpg

僕の隣で釣りを見ている白い猫
前足をそろえて行儀良く座って
手元に引かれてくる疑似餌に首をかしげて
たまに僕の顔を見上げて
そしてまた水面を見つめ直す

頭の上には青空と白い雲が浮かび
風もなく魚も釣れない日
そこにいるのは僕と行儀の良い白い猫
何も語らず時間も流れない
古い友のように永遠の今に遊んでいる

やるべき仕事もなく
あるべき理想の生き方もなく
なすべき義務も消え果てた6月の野池
ここにあるのは僕と行儀の良い白い猫
僕は目をこすり猫は顔を洗いながら

釣りながら魚を追うこともなく
頭の中で俗世を思うこともなく
止まってしまった時の中に溶け込んで
釣りをする僕と行儀の良い白い猫
誰もいない桃源郷の午後
2019.05.07 昭和94年
memories-407021_960_720_convert_20190507200118.jpg

時代遅れの男が生きるのは
平成でも令和でもなく昭和94年
だから生きる流儀も常識も価値観も違う
あなたから見れば僕は滑稽な人間に見えるだろう
僕から見ればあなたも滑稽に見えるから
あなたの言葉は僕に通じないだろう
僕の言葉もあなたに通じていないから

時代錯誤の男が生きるのは
平成でもなく令和でもなく昭和94年
だから互いにわかり合える日は来ないだろう
あなたは僕という古い映画を嫌うだろう
僕があなたという新しい映画を嫌うように
それでも互いに何も困らないだろう
遙か昔から人間はそんな風に生きてきたのだから

wall-1684664_960_720_convert_20190424190739.jpg

青信号の横断歩道
ランドセルを背負った少女が渡る
ありがとうございます
車中で待つ僕の耳に声が響いた

想像もしていなかった笑顔
予想もしていなかった感謝の言葉
あたりまえの交通ルールに向けられた
突然のありがとうの言葉

その笑顔に何かがほどけた
胸の奥で日々の苛立ちが流れて消えた
ランドセルを背負った少女の言葉に
大人の自分が忘れたものを見た

少女のありがとうに
心の中でありがとうと呟いてみた
優しい言葉に洗われた青信号の横断歩道
ここは世界でいちばん美しい場所だ

2019.03.29 散らない桜
japanese-cherry-trees-324175_960_720_convert_20190329213852.jpg

あなたがあなたを信じないのなら
誰があなたを信じるのだろうか
この世の誰もがあなたを捨て去るとき
あなたを救えるのはあなただけだ

あなたがあなたを見限るのなら
あなたの孤独はその時こそ現実になるだろう
自分を裏切る自分の姿ほど寂しいものはない
だからあなたがあなたの最後の味方になってあげなさい

あなたはあなたを無条件に信じてあげなさい
挫けぬ心はあなたがあなたを信じる心に比例する
誰かの気まぐれの為に右にも左にも迷うことはない
あなたは真っ直ぐに生きるだけだ

あなたはあなたのよき理解者でありなさい
あなただけがどんなときもあなたを疑わない
不安を捨てて旅に出るがよい
あなたが信じるあなたには無限の可能性がある

あなたの拍手はあなただけにしかとどかない
あなたはあなたを信じる永遠の人になりなさい
あなたは素顔のあなたであり続けなさい
あなたがあなたに贈る桜の花はいつまでも散ることはない

2019.03.08 いらない子
baby-1287504_960_720_convert_20190308200412.jpg

いらない子が夢見るものは
生まれる前の母の胎内に戻ること
愛する覚悟ができない親を待ってあげること

いらない子が夢見るものは
必要とされる人になること
あなたに会えてよかったと言われること

いらない子が夢見るものは
誰かが喜んでくれる生き方をすること
その微笑みの中に自分を見つけること

いらない子が夢見るものは
誰かに人生を見ていてもらうこと
生まれて無駄ではなかったと死んでゆくこと

いらない子が夢見るものは
次に生まれて来るときに見る両親の笑顔
そして優しい母の手が揺らすゆりかごの中で笑うこと