FC2ブログ
2009.08.19 青春
青春

秋の日の午後に
若かりし日の
自分の抜け殻を
見つけた

夏の盛りの
燃える太陽のような
青春の
足音か

生まれる前は
何を夢見ていたのだろう
飛び立つ前の
眠りの中で

苦い眠りの
その後は
数日間の自由に
惑うだけ

死という
荷物を背負い込んで
精一杯に
泣くがいい





スポンサーサイト