2018.04.18 人と人間
a0001_002343_convert_20180418103510.jpg

人から人間になれるようにと
新しい制服を着た生徒が重い鞄を背負って歩く
好むと好まざるとに関わらず
生きるカタチを教え込まれるために

人から人間に向かう道には迷いと葛藤ばかり
でもその苦しみが何なのかを皆知らない
やがて木々は葉を落とされ枝を削がれ切り倒される
人であった記憶を消し去るために

蝶も舞わず鳥も鳴かない冷たい世界に
やがてステンレスの柱が立つだろう
森は消え去り人間は人であったことを忘れる
システムが何もかも解決してくれると信じて

けれど痛みは心の底から消えはしない
人であった僅かな記憶が根のように残っているから
人間である前に人であれと血液が叫ぶ
与えられた天秤ばかりを疑えと太古の記憶が叫ぶ

人から人間になれるようにと出来た教科書
新しい制服を着て重い鞄を背負う生徒たち
人間にされる前に人であることを忘れてはならない
教科書に悪戯書きしながら話は半分聞くが良い

人間になるための作法を教え込まれたなら
人に戻るために自分で学び直しなさい
終わらない苦しみの正体を知りなさい
人であった時代の優しさが自分を責めることを

スポンサーサイト