cervantes-1261572_960_720_convert_20170802080738.jpg

僕は少し苛立ちながら
君たちが来るのを待っている
不安になればなるほど君たちは来ない
やがて遠くにうずくまる影を見る
だけどまだ君たちは近寄ってこない

僕が近づけば消えそうだから
黙ったまま静かに座っている
無邪気にそばに寄ってくる小鳥のように
気がつけば君たちは踊り始める
だけどまだ手を伸ばして握手はできない

僕の肩を叩く手に気づく
顔を上げると君たちは傍で笑っている
手を取って僕は踊り始める
ほんの束の間の時間を惜しむように
こうして僕はようやく物語を書き始める

スポンサーサイト