2017.03.21 相棒
backyard-105551_960_720_convert_20170321081940.jpg

相棒を棄てに行く後ろめたさを抱えながら
雑巾で丁寧にカラダを洗ってやった
別れの盃に1リットルのガソリンを飲ませ
ありがとう言ってみた
するとお前は静かにそして寂しそうに
さようならと笑った

長く使い込んだ物には魂が宿るという
そんな言葉を思い出していた
11年間で42000キロを共に走った相棒
雨の日も風の日も雪の日も文句も言わずに
日々のフルスロットルに耐えた心臓
少しばかり大食いの胃袋

薄っぺらな委任状に署名をすると
おいらはまだ走れるぜ
そう語るお前の声に心が痛んだ
お前は外国に行くのだとオヤジが言う
アフリカへ行くのだと
そしてその話に少し心が救われた気がした

お前は異国の顔も知らない誰かの所に嫁に行く
風を切って心臓が止まるまで走り続ける
花嫁の父のような気分で店を出ると
茜色の空がまだ見たこともないアフリカの夕陽に見えた
長く使い込んだ物には魂が宿るという
僕もここで心臓が止まるまで走り続けるだろう

スポンサーサイト