2016.07.07 海と恋
a0070_000262_convert_20160707181040.jpg

守れない約束をする自分に心が痛んだ
それはいつか誰かに囁いた愛の言葉だったから
そうとも知らず彼女はYESと小さく頷く
新しい恋の始まりに嘘になった約束が風になる

青い空の映る瞳を見つめながら心が痛んだ
それはいつか誰かを見つめた眼差しだったから
そうとも知らずに彼女は僕に優しく微笑む
新しい恋の始まりに小さな罪悪感が指からこぼれて

砂浜のふたつ並んだ足跡に心が痛んだ
それは去年とは違うふたつの足跡だったから
そうとも知らずに彼女は桜色の貝殻を拾う
新しい恋の始まりにいつか見た後ろ姿を重ねて

ふるさとの海の浜辺に立つと心が痛む
海は僕がどんなに嘘つきか知っているから
愛した人も愛してくれた人も去ってしまった浜辺
ここには若い頃についた嘘だけが打ち寄せている

スポンサーサイト