2016.06.09 風に描いた絵
a0790_000420_convert_20160609090042.jpg

風に絵を描いてみた
指の先から次々と姿は消えてゆくけれど
僕たちが生きたそれぞれの色が
世界に満たされてゆくのを感じた
色鮮やかにそして慎ましく

混ざり合った絵の具は
誰もふたつに分けることは出来ない
希望に満ちた色もあれば
憂鬱な色もあるけれど
それが共に生きる僕たちの色

二度と同じ色にはならない出会い
始まりながら終わる物語
懐かしくて少し切ないけれど
風に絵を描かずにはいられない
僕たちだけがその色の美しさを知っている

風に絵を描いたなら
それこそが永遠だと知るだろう
何も残さず跡形もなく消え去る運命に
ため息をつく必要はない
僕たちの耳にはまだ拍手が聞こえているから

スポンサーサイト