FC2ブログ
2013.11.21 絆創膏
a1550_000050_convert_20131107170440.jpg

僕はただの絆創膏
君を癒すことは出来ないだろう
けれどその剥き出しの傷をかばってあげれる
痛々しい心が見えなくなるように
君が自らの力で癒えるその日まで

僕はただの絆創膏
だからかばった数は忘れても
かばえなかった君をいつまでも忘れない
力の足りなさを嘆いては
傷だらけで今日も生きる君に詫びながら

僕はただの絆創膏
君を救うことは出来ないだろう
けれど君はきっと自らの意志で立ち上がる
いつの日か剥がされてしまう絆創膏は
逞しくなった君のその指で剥がされる日を待ちわびる

スポンサーサイト