FC2ブログ
2013.08.13 真夏の祈り
a0002_005510_convert_20130813132647.jpg

生まれた街は遙か彼方
懐かしい人達の墓標から遠く離れて
山の中の寺でひとり手を合わせる

最期に見た笑顔を思い浮かべ
欠いてしまった義理に言い訳すれば
蝉がしきりに責め立てる
お盆にさえ帰ってこない恩知らずの男を


墓参りしたのは遙か昔
お盆の準備をしたのは遠い想い出
不動明王の目に睨まれながら手を合わせる

動かざる守護者に心を見透かされ
詫びと感謝の言葉を繰り返す
見上げた青空に見えるのは生まれた街の海
心だけが故郷のあなたの墓標の前にある



スポンサーサイト