FC2ブログ
2013.06.10 百合の花
P1010001.jpg

百合の花が咲いていた
池のほとりにただ一輪だけ
毎日通る道なのに
花が開くまで気づかなかった

その慎ましく弛みない君の毎日にも
季節を耐え忍ぶその生命の鼓動にも
花が開くまでは誰も気づきはしなかった
君がそこにいたことにさえも

強い風に揺れる百合の花
細い足でその大地にしっかりと立っている
頑張れ頑張れと自分に言い聞かせながら
風が吹き過ぎるのを待っている

やがて静かな夕暮れが来るだろう
うす紅色の顔に傷を負った百合の花にも
だから探してあげたい
花開く日を待ちながらどこかで耐え忍ぶ君を

スポンサーサイト