FC2ブログ
2013.01.17 心の問題
a1130_000131_convert_20130117144446.jpg

心の問題
それは抽象的か
嘲笑されるほどに
それは曖昧で捉え所が無いか
だとすれば
具体的な問題の裏側に有るのは何だろう
心の問題
どうしてもそこに行き着いてしまう
抽象論では議論にならない
しかし
もしかしたら
議論にならないものが
全ての原因ではないのか
ひとりの男が苦笑され
心の問題とは何かを具体的に問われた日
その男は懸命にそれを説いた
そのとき誰かが言った
具体的な問題を話し合いたいのだと

心の問題
それを横に置いて
どんな話し合いがあるのだろうか
問題の受け皿はいらない
対処法もいらない
いるのは原因を絶つこと
心が形を作るのに
それは抽象的だと一蹴される
これほどまでに
具体的な原因はありはしない
しかし誰もがみな目先のことに夢中
身体は日々鍛えても
心を鍛える人は何処にもいない
痛む膝ほどには気にならない
無痛の病に心は侵されているのだろう
どんなに医学が発達しても
優しくなれる薬は開発されない
思いやりが育つ育心剤も発明されない

心の問題
環境汚染が深刻だという
けれど心の汚染は削減しない
それは抽象的だから
議論の対象にはならない
ならばどんな議論が必要なのか
経費で弁当を食うような会議だろうか
それとも形だけの報告会か
無駄な文字を羅列した議事録だろうか
心の話しは脱線だと
偉い議長が仰れば
ゴミは机の下に隠される
そして誰もそのことに気づかないふりをする
なぜなら自分のゴミも
その足元に転がっているから
顔を覆い隠している布を取ったら
その手袋も脱ぐことだ
温もりのある言葉を交わすために
スポンサーサイト