FC2ブログ
2011.11.24 エンドロール
k1132905351.jpg

君の映画はまだ途中
最後まで観なければ結末は分からない

余白のありすぎる台本には
生まれることと
死ぬことだけが書かれている
予想できないラストシーンを書き加えるのは
君が懐にしまい込んでしまった一本のペンだ

君の意志がどうであろうと
時間という名の監督は怒鳴り散らすだろう

他人だらけの撮影所の中で
君は迷子になる
共演者を捜して途方に暮れる
予想できないラストシーンを締めくくるには
君が胸にしまい込んでしまった愛が必要だ

人生という映画は撮り直せない
君は自分を信じて最後まで演じればいい

誰かが悲劇と笑っても
誰かが喜劇と笑っても
豊かな映画になればそれでいい
そして君の映画のエンドロールの中に
僕の名前もあると嬉しい

スポンサーサイト