FC2ブログ
2011.11.09 裸の誕生日
a5c3deb1_convert_20111109182956.jpg

汚れのない生命に衣はいらない
どんな服も着てしまえば必ず汚れる
だから裸のままの心でいなさい

誰かが花の色を競うときでさえ
君は競い合いのための花を摘んではならない
裸の心はどんな花よりも気高く美しいのだから

汚れのない生命に智慧はいらない
どんな智慧もその過剰さゆえに滅びを招く
だから無垢なままの心でいなさい

誰かが身勝手に善悪を語るときには
君は静かに沈黙したままその部屋から立ち去りなさい
無垢な心ですべての嘘と虚構を遠ざけなさい

汚れのない生命はそこにある
君がその手で埃を払えば
生まれたままの心が顔を出す

君が求めるものは遠い場所にはない
真実は誕生の日の君の中に宿っていた
そしてそれは君の中で再び生まれる今日を待っている



スポンサーサイト