FC2ブログ
2011.02.14 欲望の彼方
僕に訪れる喜びや悲しみは
僕が求めた僕の欲望から誕生する
もし僕があるがままでいることが出来たら
僕が知っている幸せとは別の幸せが訪れる

僕に訪れる幸福や不幸は
僕が求めた僕の欲望から誕生する
もし僕が僕だと思っていた僕に別れを告げるなら
僕はどんなことにも一喜一憂することはない

僕に訪れる生や死は
僕が求めた僕の欲望から誕生する
もし僕が僕の思う僕の座を捨て去るなら
僕は永遠の僕を生きることが出来る

僕は僕に訪れる幸せを歓迎する
しかし僕は僕に訪れる不幸を歓迎しない
僕に欲望が在る限り天秤は傾き続ける
右に傾けば笑い左に傾けば涙を流すだろう

僕は僕の欲望を捨て去ることが出来ない
僕の欲望が僕を悩ませる種だと知っていながら
得ることが幸せだと感じてしまう愚かさと
失うことが不幸だと感じてしまう愚かさは終わらない

僕は僕の欲望を捨て去らない限り苦しむだろう
欲望という手のひらの上で愚かに笑い
欲望という手のひらの上で愚かに泣くだろう
それでも僕は僕の欲望を手放すことが出来ない

僕の思う幸せとは本当の幸せではない
僕の思う不幸とは本当の不幸ではない
心を乱されることなく穏やかな心で生きるには
僕は僕だと思っている僕を破壊しなければならない
スポンサーサイト