FC2ブログ
saigon-630_convert_20101216154500.jpg

関西国際空港からベトナム航空でふらりとサイゴンに向かった。
サイゴンのタンソンニャット国際空港に到着したのは午後2:30分。
サイゴンという呼び名は昔のことで今はホーチミン市なのだが、
ホーチミン市という呼び名は僕にはなんかしっくり来ないので以降はサイゴンと呼ぶことにする。
空港を出ると凄まじい湿度だった。
冬の日本で震えていた5時間前とは180度違うのでいきなり半袖にサンダル履きとなる。
自由な旅なのだが短期のパック旅行の方が格安で行けるので、
現地の係員の兄ちゃんが迎えに来てくれていた。
やけに日本語の達者な兄ちゃんで、日本のことも日本人よりも詳しい。
日本にも何度か来たことがあるらしく、ケン・ワタナベのファンだそうだ。
「昔、ケン・ワタナベと1週間ばかり演劇を楽しんだことがあるよ」と僕が言うと、
彼は感激して、「アナタモ、ケン・ワタナベニ・ニテイマスネ」などとお世辞をいう語学力もある。
まあ、まんざら嬉しくないない訳でもないので、「そうかなあ~!」などと気分を良くして旅が始まった。
よく見ると彼のTシャツには「侍」と書いてあってそれがまた滑稽だった。
そう言えば、空港に降り立つ前に飛行機の中からふたつの河が見えた。
サイゴン河とその支流の河である。
サイゴン河はコーヒー牛乳色で、その支流の川は黒色であった。
その後、その黒い川の横を車で通ったのだが、やはり黒い。
よく見ると俗に言うドブ川で、もの凄いゴミとヘドロのために真っ黒なのだと知った。

saigon-487_convert_20101216154318.jpg

サイゴンの第一印象はやはり河だ。
と言っても流れているのは水ではなくバイクである。
途切れることなく街中の大通りから路地裏まで凄まじいバイクの河である。
横断歩道で待っていたら渡るのに何年もかかりそうな位の交通量。
ここを渡るにはコツがいる。
まず、急に飛び出してはいけない。立ち止まってもいけない。そして歩くペースは同じで!
すると勝手にバイクがよけてくれる。
無視しながら、恐ろしさをかみ殺して渡るのである。

saigon-031_convert_20101216154158.jpg

ちなみにここサイゴンは、かなり危険な街でもある。
スリやひったくりは日常茶飯事で、グループを組んで狙ってくる。
夜は特に危険が増すのだが、そんなことは無視して市内最大級のベンタイン市場へ向かった。
体育館を何戸も合わせたように広い市場には人が溢れている。
活気がみなぎる通路は1メートルの幅もない。
屋台から雑貨屋まで何でもあるが、客引きと売り込みが鬼である。
「オニイサン・ナニホシイデスカ?」と日本語で話しかけられ手を引っ張られ、
「ヤスイ・ヤスイ」と、訳の分からない商品の説明をまくし立てる。
「バッグ・アブナイ・スリ・オオイ」などとも言われたりする。
1時間も歩いているとめまいがして外で煙草を吸うのだが、
外ではまた別の物売りが手ぐすね引いて待ちかまえている。
3人、4人に取り囲まれると恐怖さえ感じる、それにひったくりやスリに注意せねばならない。
最終的にまったく必要のないサングラスやら扇子やらを気が付けば買わされていた。
疲れ果てて屋台でビールを飲んでいるとまた取り囲まれてしまう。
かわいい男の子がガムとティッシュを買って欲しくて膝にしがみついてダダをこねる。
そして、またそれも買ってしまう。
傍らでは腕やら足やらのない退役軍人が物乞いに寄ってくる。
彼らにも小遣いを巻き上げられ前途多難な旅の始まりとなった。
とは言え、ここは天国である。なぜなら物価が非常に安い。
屋台でフォーというベトナムラーメンを食っても20円か30円。
ビールは1本70円ぐらいなのだ。
この日ベンタイン市場で最も驚愕したのは、ゴミ袋にすっぽりと入れられている子どもだった。
ベビーカーではなく、子どもをゴミ袋に入れて片手に吊り下げて歩いていたオヤジ・・・。
この日は、深夜までに何本ビールを飲んだかは定かではないが、襲われることもなく安ホテルに戻った。

saigon-248_convert_20101216154229.jpg

翌日はプライベートでガイドを雇いメコンデルタに向かう。
メコン河はサイゴンから車で1時間30分のミトーという街からクルーズ船が出ているらしいのだ。
怪しいジャングルを抜け、犬に襲われそうになりながらようやく手こぎ船で迷路のような川を進む。
途中からはエンジン船でいよいよ本流のメコン河に出る。
メコン河はタイ・カンボジア・ベトナムを横断して海に注ぐ大河である。
ベトナム戦争の頃は水上戦が行われたと聞いている。
やはりここもコーヒー牛乳のような色をしている。
岸までは2キロ以上あり、4つの島を巡りながら海のような河を漂う。
思えば昨日までコタツで妄想していたメコン河を今日は目の当たりにしている。
冬から夏へ、そしてコタツから船上へ。
僕は心の底から鳴り響く自分の鼓動を感じながら異国の河の上を彷徨った。
そして夜はやはり飲んだくれてしまった。

saigon-550_convert_20101216154411.jpg

僕はまたサイゴンの街中を探検する。
路地の角では片足のないおばあちゃんと、おばさんが猛烈な勢いで喧嘩していた。
やがて彼らは警官に連れて行かれてしまったのだが、
おばさんは徒歩で連行、おばあちゃんはバイクに乗せられて連行されていった。
見知らぬ男が僕に英語で事情を説明してくれたが、早口でまくし立てられ意味が分からない。
まあ、ゆっくり話されても結局は分からないだろうがね。
聞き取れたのは、おつりのトラブルのようだということと、誰かがオバマに袖の下を貰っているとか?

saigon-587_convert_20101216154436.jpg

今日はサイゴンに来た目的のひとつである戦争記念館に向かう。
ロバートキャパや沢田教一の写真を彼らが命を閉じたベトナムで観たかったのだ。
しかし、あまりに壮絶すぎてこの記念館のことを書く気にはなれない。
痛ましい戦争の写真と饒舌なる静物に言葉を失ってしまったからだ。
写真とはいえ、僕の想像は一気にリアルさを増しながら、泥の中に沈んでいく自分を感じていた。

戦争記念館を後にしてサイゴン大教会へ向かう途中で、
遂に怪しいひったくりの兄ちゃん二人組と遭遇してしまった。
彼らは2台のバイクで歩道を挟み込むような形で獲物を狙っている。
僕は彼らの間を通り抜ける瞬間、何か危険な雰囲気を察知していたが、
そのまま彼らの間を無視して通り過ぎた。
10メートルほどしてエンジンの始動する音が聞こえ、2台が猛烈な勢いで後ろから迫ってくる。
僕が素早く後ろを振り返り戦闘態勢で身構えると二人組はニヤリと笑って両側を走り去った。
恐らくリュックが狙いだったのだろう。
サイゴンではこの手口のひったくりが多いという事前の情報が危険を回避させてくれた。
彼らは、誰彼構わずに襲撃してくる。
誰もが警戒する夜よりも、静かで穏やかな日中の方が観光客の気もゆるみがちだからであろう。

saigon-426_convert_20101216154254.jpg

やがてサイゴン大教会(聖マリア聖堂)に到着し、礼拝堂で祈りを捧げる。
荘厳さと静粛が支配する教会は異空間であった。
聖堂の前には大きなマリア像が建っているのだけど、そこに偶然白い鳩がやってきた。
マリア様の頭にちょこんととまった白い鳩、やがて黒っぽい鳩もやってきて2羽になった。
さっきまでのスコールが嘘のように止んで、雲の切れ間から青空が見える。
それはこのサイゴンという混沌の街に生きる人々への祝福のように思えた。

saigon-505_convert_20101216154347.jpg

僕はふと、ガイドが言った言葉を思い出していた。
「日本はまだまだ豊かです、世界で2番目のGDPです。ベトナムは残念ながら77位だ」と。
ここサイゴンから首都のハノイまで列車で36時間。
僕はベトナムという国の一面の顔しか知らないが、
サイゴンで感じたのは「貧しさの中にある豊かさ」だった。
生きる力と活気に満ちあふれた街サイゴン。
彼らは路上の屋台でビールをすすり、笑顔で笑い合っている。
誰もが貧しさの中で自立する力と身を寄せ合って生きる絆を知っている。
例え世界に名だたる先進国になろうとも笑顔を失った人間が住む街は貧しい。
悪戯に弱さに甘え身を寄せ合うよりも己の責任を果たし、
その対等で前向きな関係の中で人を愛することの強さを教えられたような気がした。
この街にはうつむいて歩いている人間はいない。
アメリカ軍がまき散らした枯れ葉剤で障害者になってしまった人たちも沢山いる。
街の至る所で、その負の遺産を見かけるが、
彼らはそれでも今日を生きるために必死で命を燃やしているように思えた。
豊かな日本という国が置き忘れたものは何なのだろうか。
サイゴンに来て僕は改めてそのことを考え直さなければならなくなった。
そしてアオザイを着た娘たちが、何故にそんなに美しいのかも。






スポンサーサイト