FC2ブログ
2010.11.08 死んだ少女
少女は信じ込んでいた
自分には何の価値もないと
そして彼女は自殺した

誰かが少女に信じ込ませた
君には何の価値もないのだと
そして彼女は自殺した

誰も自らを埋葬してはならない
僕が君に言おう
君には素晴らしい価値があるのだと

もしも本当に価値がないとしても
価値のない者同士で語り合おう
君が僕を友人にしてくれるなら



スポンサーサイト