FC2ブログ
2010.10.26 沈黙の会話
fer+010_convert_20101025232946.jpg

玄関を出ると
一匹のバッタがいた
彼はじっと僕を観ていた
僕もしゃがみ込んで彼を観た
彼は少し向きを変えて僕を見上げた
沈黙の中の確かな言葉
音にならない音楽が鳴り響いた
僕は彼としばしの沈黙を持って会話をする
千の言葉よりも
心にしみる静粛な朝





スポンサーサイト