FC2ブログ
頭の中で回転する映像
止むことなく入力される感情
僕は疲れ果てる
風に逆らい
波に逆らい
懸命にマストをひるがえしている
片手で舵を取り
雨に濡れた羅針盤を見ながら
僕は沈みそうになる
塩の苦さに
そして陸の見えない不安に
体液よりも濃い海水が僕をしぼませる
骨と皮だけの肉体に変えてゆく
しかし感情は膨張し続ける
指先から解き放たれる矢のように寡黙に
やがて白地に置かれる文字の色は赤
それは黒という名のついた赤い文字
いつか沈黙したあの課題
言いそびれたあの言葉
しぼんだ正義
弾けた想いの断片が文字になる
いや
それは文字ではない
それは地図
誰も知らない不確かな地図
そこに在る僕と
無い僕が確かに在る
そんな嵐の波間から
救い出してくれるのは酒だ
しかし飲んでいるのは酒ではない
それは誰かの意志
それは誰かの親切
酔いが回れば世界の波は穏やか
嵐も箱の中
そして肉体はベッドの中
しかし目が覚めると嵐の中
とにかく死んだように眠ってしまいたい
朝が来るまでは


スポンサーサイト