FC2ブログ
2010.07.20 天上の家
9ea084dd_convert_20100720171319.jpg

肉体は下界の家に
心は天上の家に帰って行く

下界の友人とは俗な会話を
天上の友人とは詩の話をしよう

下界の友人とは焼酎を
天上の友人とはスコッチを飲もう

下界の友人はみんな生きている
しかし天上の友人は誰もが肉体を持っていない

下界の友人は誰ひとり訪ねてこない
誰もこの家にはやってこない

天上の家を訪ねるには
肉体は少し重すぎるのだ

多分それは贅肉のせいだろう
欲という重すぎる脂のせいだろう

下界の友人はみんな何かを求める
しかし天上の友人は与えることが喜び

だから下界の友人は訪ねてこない
本当は君の叩くドアの音を聞きたいのに

下界の友人は訪ねてこない
だから僕は遙かな下界を愛しい目で見る

下界の友人は厳しい目をして見上げている
天上の家の苦痛に満ちた壁の色を

僕はまどろみながら呟く
さほど住み心地は悪くないよと





スポンサーサイト