FC2ブログ
2010.07.07 激しい雨
君の心は河の何処にあるのだろう
地上から垂れた枝の先に
その心は引っかかったままだ

だから流れることも出来ず
海に向かう夢も持てず
鬱蒼とした影の中に停滞している

やがて遠雷が鳴り響き
黒い雲が頭上を覆う頃
重い過去を纏った雨が河に降るだろう

そのとき感情はうなりを上げて
支流から怒りを連れてやってくる
水面に垂れていた枝もその流れに飲み込まれる

そして君の心は束縛から解放される
しかしその下流の朽ちた丸太の橋にまた停滞する
僅かばかりの希望はその足元にうち捨てられる

いつかこの橋ごと流す雨はやってくるだろうか
遠雷を待ちながら
激しい雨を君は期待している

蛙の声が歌う春でもなく夏でもない河で
君はうつろな会話をしながら待っている
激しく降り注ぐ雨を




スポンサーサイト