FC2ブログ
自分で言うのも何だが、僕は大酒飲みである。
何の自慢にもならないのだが、
田村隆一氏がお亡くなりになったので詩壇では恐らく僕がいちばん酒仙に近いだろう。
そして無類の釣り好きである。
しかし、最近はめっきり釣りに行く機会がない。
開高さんのようにスポンサーでも付けば世界を釣り歩けるだろうにと常々思うのだが、
不景気で疲弊気味の企業の懐具合ではそれは難しいだろうな。

詩と酒と釣りには共通点がある。
しかし、それを説明しようとすると、言葉が雲散霧消してしまうのは何故だろう?
禅とは何か?と考えると同じようにその本質的な部分は隠れてしまうのは何故か?
その説明できない三角形は、その結実と共にやがて円になる。
そして最後には点になって消え失せてしまう。
その瞬間が至福の時なのであろう。

ま、説明にもなっていないし、深読みしても分かりようのないお話なので、ここでお開きだ。






スポンサーサイト