FC2ブログ
僕にとっての「詩」

文学としての詩は、「詩」の表現手法のひとつであると僕は考えている。
文学としての詩は、僕が言う「詩」とは意味合いが違うのだ。

僕が「詩」という言葉を使うときそれは、情動が起きる前ぶれのような「瞬間」を指している。
その「瞬間」とは「森羅万象」を内包した「他」との出会いの瞬間のことである。
自分がそれらと出会うとき何も感じない場合もあるが情動が起きる場合もある。
なぜ、情動が起こるのか?
恐らくそこには何らかのエネルギーが生じているのではないかと考える。
その生まれたエネルギーこそが僕の言う「詩」なのだ。

もちろん、詩的なものを内包せず、情動も起きないとしても、
文学で言うような「詩のようなスタイル」でそれを書き表すのは可能だ。
しかし、僕はそれを「詩」だとは思わない。
その反面、絵画でも音楽でも舞踊にでも、日々の生活にすら「詩」を発見することは出来る。
あらゆるものに姿を変えて表される「詩」を見るとき、それば僕にとっての喜ばしい瞬間になる。

換言すればあらゆるものの出発点に「詩」があると思っている。
だが、どこをどう探しても「詩」が見つからない場合がある。
何故だろう?
賑やかに飾り立てられた「装飾品のような人生」には「詩」など不要だとも言える。
人間は地球の自然を壊しながら豊かな物質的享楽を謳歌してきた。
テレビや新聞でも「ECO」が流行している。
それと同時に人間は自分の中の「詩」を壊しながら、暮らしてきたのだ。

「詩」とは、更に換言すれば「命に至る道」であるとも言える。
「詩」を壊すことは、「心を壊す」ことと同義語である。

20世紀に誕生した様々な文明は外側からの力によって崩壊してきたが、
21世紀の我々の文明は内側から腐り果てるのではないだろうか。

自らの「詩」を凝視して、それを平和的な表現に昇華させることを、
真剣に考えなければならない時代に来ていると僕は思う。
















スポンサーサイト