FC2ブログ
今から7年ほど前に大阪に住んでいた時期がある。
その頃の僕の大晦日の過ごし方は少し変わっていた。
毎年、ある儀式を行う為に僕はひとり京都に出掛けた。

四条の橋の下の河原にあぐらをかいて座り込み、
ウイスキーの小瓶を片手に柿の種をつまんでいた。
神社に詣でるわけでもなく、祈るわけでもなかった。
ただそこに座り込んで川の流れを見つめて過ごした。
やがて、1年の終わりと始まりの象徴である除夜の鐘の音を聴く時間になる。

その当時の僕にとって大晦日は、
大歓声をあげて大騒ぎする日ではなかった。
過去と未来の出会うその日は、僕自身の境界の時間を過ごす大事な日だった。
昨日が今日になって、カレンダー上は新しい年になるのだが、
1月1日には昨日と何も変わらない生活と、自分自身を誰もが感じる。
いつまでたっても更新されない自分自身に僕は苛立っていた。

だから僕は大晦日をたった一人で過ごす。
自分自身を更新する為に、心の中のガラクタを掃除するのだ。
それは、僕の住んでいる汚いアパートを掃除することよりも困難な作業であった。
たった365日の間でさえ、どんなに自分が無駄なものを沢山抱えて過ごしてきたかがわかる。
それが、30年、40年となるとどうだろう。
背負い込んだ荷物があまりに多すぎて身動きが取れなくなる。
大事なものばかりが増えすぎて、それを失うことに無意味な恐怖感を抱くようになる。
その過剰な欲望を仮に「ガラクタ」と呼んでみる。
ガラクタに埋もれてしまった自分の本当の光を見つけ出す為に、
心の中を大掃除してみる。
すっかり弱りかけた自身の心に新しい空気を送り込んだら、
きっと、諦めかけていた自分の夢がまた見えてくるかもしれない。
毎年暮れていく月日の中で確実に増えていく皺は仕方が無いとしても、
永遠に老いることの無い新鮮な心を、人間は持つことが出来るはずだ。
思い切って「捨ててみる」ことで、手に入れることが出来るものがある。
人が幸福に過ごす為には、捨てる勇気も時には必要かもしれない。
欲の皮で突っ張ってしまった顔で、歪んだ笑顔を振りまいてはいないだろうか。
1年の終わりの日に、僕たちは自分の心も新しくしなければならない。
大晦日と除夜の鐘はきっかけにしか過ぎない。
弱い自分の背中を押してくれるその日を僕は大切にしている。

やがて、阪急の河原町駅から人々が八坂神社をめざして押し寄せてくる頃、
僕は高瀬川のほとりをふらふら歩きながら遠回りして、
空っぽの心でガラガラの電車に乗って帰路に着く。
新しい空気を身体にいっぱいに吸い込んで、
希望に満ちたゼロから出発する。


11時59分
今日が昨日になり
明日は今日になる
11時59分
終わらない昨日を引きずって
11時59分
始まらない今日を待っている
11時59分
じれったい1分を
僕たちは待っている
スポンサーサイト