FC2ブログ
2009.09.23 酒飲みの戯言
昔は世界中の酒を買いまくって飲んだ。
芋焼酎ブームの時はプレミア焼酎を買いまくって飲んだ。
酒の棚には居酒屋顔負けのありとあらゆる酒が並んでいて、
一本数万円の酒が所狭しと鎮座していたものだった。
しかし、高いから旨いというのは神話にしか過ぎないということも同時に知ったのだった。
いま飲んでいるのはサントリーのトリスで、スーパーで704円で買った代物。
そいつをソーダで割ってしまえば、天国に近づけるという寸法だ。
肴はサンマの塩焼き。一匹88円だった。
年を取ったせいか、酒にも肴にもこだわらなくなってきた。
いよいよ酒仙の悟りの境地に達しつつあるのだろうか。
究極は酒を飲まなくても酔っぱらえるようになること?
う~ん。それは出来そうにもない・・・。
スポンサーサイト